ストナン:ブランクの恐ろしさ

犬/51声/1Lゲ



帰省から戻ってきて即犬in。
適当に声をかけるとオープンするが、とにかくぎこちない。



たった数日サボっただけで、なめらかなトークはできなくなる。
たった数日サボっただけで、態度は非モテ化する。声かけが非モテ化する。



3時間ほどだらだら声かけてなんとか1Lゲ。ラッキーパンチ。



犬/100声/3Lゲ1連れ出し→負け



翌日、気を取り直して夕方から出撃。
最初の10-20のスタートダッシュが効かない。
スタートダッシュでもたつくから、その後のテンションが上がらない。



ただ、オープンするとわりとトークが弾む。2Lゲ。
どこか上手くいかなかったのか、即ブロを食らう。なんでやねん。



18時位にオープンして反応良。20代デザイナー。
いつもの飲み屋に連れ出し。
会話が弾むが、どこか即系ではない雰囲気。

やはり連れ出し後のトークも、いつもに比べると精度が落ちる。
「ダメだこりゃ」と実感してしまう。

それでいいと思う。
自分で自分がだめな状態にあると分析できること。
だめだなと感じて修正していくこと。まあ、連れ出し後に気づいても間に合わないのだが。



「予定がある」と言われ解放。
予定グダ、場合によっては仕方ないが、そもそも連れ出しのタイミングで把握しておくべき情報だよね。本来。
そういう細部を詰めきれていない、やっぱりブランクというのは恐ろしい。たった数日なのに。



気を抜けばいつでも非モテに戻ってしまう。



早く調子を戻そう。

コメント